2017年07月20日

【ライバルと差をつける絶対法則】

【ライバルと差をつける絶対法則】

ライバルに勝ちたいとき、
あなたはどんなことをしますか?

私の法則を実行すれば、
必ずライバルに差をつけることが
できるでしょう。

それはどんなことかと言うと…
『ライバルより1日1ミリ前進すること』
です。

具体例を出して説明してきますね。
私とライバルの伊藤くんは
テニスのサーブ練習をしていました。

1ヵ月間、
毎日50球のサーブを
練習する約束をしました。

全く同じように、コーチに習い
毎日、50球のサーブ練習を
していたのにも関わらず、
私の方が
サーブの上達が早かったのです。

それは何故か?
運動神経の善し悪しが
影響していたかもしれません。

しかし、そうではなかったのです。

私は、50球のサーブ練習のあとに
自主練習で10球のサーブ練習を
毎日、行っていました。

1ヶ月間で
伊藤くんは1500球、
私は1800球
練習していたことになります。

1日、たった10球ですが
1ヵ月間続けると
その差は300球にもなります。

こうして、
コツコツ努力を重ねた
私は伊藤くんよりも
早くサーブの上達ができたのです。

ライバルと足並みを揃えていては、
一生勝つことができません。

周りの目を気にせずに
1日少しでも前に進むことが
ライバルに勝つ絶対法則なのです。

最後まで読んでいただいて、
ありがとうございました(^^)

posted by まめこ at 06:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今後の相場の予測 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする