2017年08月21日

何度でも読み返したい、自分に気づく心理学

会社を辞めてから、仕事やプライベートで今まで以上に人に会うようになった。

      

正直、人と会うことがこんなに疲れるとは思わなかった。

     

私は、おそらく自他共に認める人見知りをしない性格。

      

どちらかというと、社交的で、初対面の人ともすぐに打ち解け、時には、数年来の友人のように仲良く話すことも出来る(こともある、まれに)。

      

最近、人に会うと、非常に疲れる・・・
     

仕事の話をする時には、緊張して疲れるのも分かるけど・・・

      

プライベートで会っても疲れるのはどうしてだろう?と、ふと疑問に思った。

      

で、3年ぶりにこの本を開いて読み返してみた。

       

      

      

3年前、勤めていた会社で、どうにもこうにも身動きが取れなくなって、人生生まれて初めて不眠と、食欲不振になり、ダウン寸前でした。

      

今でこそ、こうやって文字に出来るようになったけれど、その当時、そしてしばらくは
考えることも怖くて避けていた話題でした。

     

振り返ってみると、その当時、私は仕事でも、プライベートでも今以上に必死に自分を作って、生きていました。

       

ガッチガチに固めた殻の中で、息苦しさを、感じながらも、「これが正しい」と信じて、必死に生きていました。

      

今思うと、非常に情緒不安定。

      

周りに合わせようと、必死。

       

自分に自信がないから、何も発言できず、発言しても中身が空っぽの張りぼて発言。

      

空っぽであることを、必死に隠そうとまた、さらに分厚い張りぼてを用意して。

        

      

どんどん、自分が自分でないものを言葉だけ、上辺だけで作り上げて行きました。

       

       

しっかりとした、土台の無いまま大きな張りぼてをまとってしまった私は、現実と本当の自分の間の大きな溝にはまりこみ、

      

ちょっとしたことで泣き、落ち込み、挙句に、約1か月まともに眠れず・・・

       

一人になるのが怖くて、友人の家に泊めてもらったり。

        

遠方の友人に毎日して、何とか、心がぽっきり折れる直前でつなぎとめようと必死でした。

       

そんな時、友人が勧めてくれた本が、
      

「自分に気づく心理学」

     

この本は、痛い。

     

当時は、読みながら辛くて、読み進めることがなかなかできませんでした。

       

自分を冷静に振り返る、気持ちの余裕もなかったしね。

       

改めて、読み返してみると、記憶の中に、残っている言葉、こぼれ落ちてしまった言葉、
いろいろありました。

      

でも、やっぱり、心が痛む本には変わりない。

       

半身浴をしながら、ゆっくりと最初のページから読みだしたけど、途中で、号泣。お風呂で良かったわ。濡れても、へいちゃら。

       

お風呂上りに、水分補給しながら続きを読む。

       

あなたがしがみついている
「立派な自分」「良い自分」は
本物ではない。

     

ぐさりと、来る言葉の羅列。

     

自分は愛されない存在だと
決め込んだのは自分である。
今度は
「自分は生きるに値する存在なのだ」と
自分で決断しなければならない。

     

何度も、決断していても、すぐにまた、元の位置に戻るのが私。

     

     

愛に飢えている人は、
他人から良く思ってもらおうとして
自分の心を
ボロボロにしてしまう。

      

     

なんか、ホント、そうなんだよね。

     

読むほどに、心が痛く、でも、勇気が湧いてくる本です。

      

9月の課題図書にいかがでしょうか?

     

     

posted by まめこ at 08:02 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月18日

【最高の焼肉】

【最高の焼肉】とは、何でしょうか?
         
       
    
    
僕なりの見解ですが、肉の脂が【甘い事】
    
     
    
    
僕はこれがうまい条件の第一候補です
      
     
     
     
柔らかい、とか、サシが良いとかは、二の次
     
     
      
そんな念願を札幌で叶えてくれた初めての店‼️
     
      
     
ここのお肉は最強にうまい‼️
     
     
     
仕込みに6時間、店の清掃や準備、そして
     
    
    
跡かたずけ、、、
     
     
    
ぃや💦マスターはいつ寝てるのか?
      
     
     
このこだわりが成せる大技
    
    
   
20882104_1424983254290087_7559245876984200883_n.jpg20841854_1424983247623421_2295205575207272608_n.jpg20882886_1424983257623420_1459341506209973018_n.jpg20914546_1424983260956753_7782167318213565066_n.jpg20882591_1424983350956744_1726137861490512495_n.jpg20881834_1424983340956745_2192977864310289314_n.jpg
肉が甘いので、つけダレは要らない‼️
    
    
    
そのまま食べたらとにかく美味い✨
    
     
    
焼きすぎてもダメ
    
    
    
炙るくらいでいい‼️
    
    
   
そぅ、ほとんど生⤴️
    
    
   
こんな焼肉、食べたことがない‼️
    
    
    
先輩が予約してくれて、がっつり焼き方まで
    
    
    
エスコートしてもらえて、感無量です(T . T)
     
    
    
ありがとうございます‼️
    
   
   
posted by まめこ at 07:41 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月09日

【ゴールよりも過程が大事♪】

こんばんわまめこです!


私もそうですけど、
旅行好きな人って
結構多いですよね^^

  

  

  





そこで今日はこんな話。
人はなぜ旅行に行くのか??

  

  




  
旅行に出なくても死にはしないのに、
旅行とまではいかなくても
「外に出るのさえ面倒で、
ずっと動かずに一ヵ所に
い続けられればどんなに楽か」
という人は、少数派です(笑)

  

  

  





思い通りになることを便利と呼び、
やれることが制限されることを
不便と呼ぶとすると、
京都でユニークなガイドツアーを
実地している「ことぶら」は
不便なツアーで人を
惹きつけてます。




  

  

  
たとえば、参加したくても
苗字が田中でないと参加できない
「田中さんツアー」。




  

  

  
ツアー企画も田中さん、
ガイドも田中さん、
行き先も京都の田中神社など、
田中にまつわる場所です。




  

  

  
また、京都市の道路が
碁盤目状であることを利用した
「すごろく」のような
ツアーもあります。




  

  

  
参加者は、好きな方向には行けません。
交差点ではルーレットの目に従って
東西南北に進む方向が決まり、
次の交差点まで移動。




  

  

  
運が悪ければ、同じ交差点間を
行ったり来たり。
なぜこのツアーが人気なのか?
このツアーを見ていると、
旅行の目的地というのは
目的ではなく、
手段なのではないかと感じます。




  

  

  
知らない文化に触れる、
知らないところに行く、
などの「体験」が目的なのかなと。

目的地は手段であって、
本当の目的は「体験」すること。




  

  

  
富士山の山頂に辿り着くことが
目的というよりは、
その登山している過程にこそ
目的があるのかもしれない。




  

  

  
仕事の目的は、
「売上をあげること」ではなく、
仕事という体験を通して
成長や出会いや学びといった
「プロセス」なのかもしれない。




  

  

  
これだけ便利な時代に、
わざわざすごろくで
行ったり来たりしながら旅をする
というのは、面白い体験です。

そして、その不便さの中に
予期せぬ成果もあるのだと思います。

  

  

  

道を覚えたり、素敵なお店を発見したり。




  

  

  
仕事でも、効率重視で
サクサク進むのも良いけど、
意図的に遠回りする
余裕があるくらいだと
いいのかも。




  

  

  
もし、「どこでもドア」があったら、
それこそ「そこに行く」
という価値はもっと少なくなるのかな。




  

  

  
逆に、行く過程こそが
面白いということに、
もっと気がつくと思います^^




  

  

  
仕事や勉強も目標も、
そこに行くことの価値より、
そこに向かっていることの
価値に気づけたら、
もっと楽しめるかなと
私は思いました^^

  

  

  

posted by まめこ at 00:27 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月02日

【才能】

天は二物を与えず


なら、一つはあるという事😃


まめこにも貴方にも、一つある


でも、自分にどんな才能があるのか?


誰も答えを知る術はない


そして、一番悲しいことは、その才能に
自分が気づかないことである


例えば、小学生の時


水泳部じゃないけど泳ぎがうまい人
サッカー練習してないのに、なぜかうまい人
謎解きは得意なのに、テストで点を取らない人


これ即ち


水泳の才能がある
サッカーの才能がある
勉学の才能がある


がしかし、


全ての才能において、その人物が興味がなく
磨かれることのない埋もれた才能


と、読み解けるだろう。


つまり、才能があったとしても
それに気がつかなければ、無駄になるだけ


そぅ、貴方はどんな才能を無駄にしてますか?


等しく与えられた一つの才能に
ちゃんと気がつくことができたなら、、、
たまたまその才能を活かす事柄に興味を持つ性格だったなら、、、


日々、才能というものには悩まされる


残念ながら、、、人は才能に気がつくことはない
神は教えない
親も知らない
だから、知ることはできない
人は、縁により、何かに触れ合い、
それが好きかどうかで継続の有無を図る


継続できた場合、努力により成長する
そして、その成長した伸び代を、
人は【才能】あるねと言い足らしめる


自分の中では、それを才能と認めたとしても
本当の才能かどうか分かったものではない


つまり、才能という言葉は、
安易に使ってはならない‼️


この事から読み取れることは、
才能とは努力の積み重ねでしか成さぬ


そして、好きこそ物の上手なれ、である


好きでいる事
そして
努力する事


それが才能というパッケージである


好きで居続けるのも大変だし
努力する事も大変だし


でも、その2つを極めた時、才能となる


posted by まめこ at 09:42 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月01日

【時には頭を冷やそう】


人は神が与えた知恵がある


知恵があるが故に、


考えたり


悩んだり


不安がったり、、、


だが、時には考える事を捨てて


知らぬ存ぜぬを突き通すべき場面がある


知らぬが仏とはよく言ったものだ


知性というものを欲するは、果ては【無欲】


知らないから知りたい❗️


でも、知ると、その感動は無くなる


また、知ると、次の目的が決まるまで無欲無力


事業に於いては、考えるより先に行動が基本


良い意味で、考えなくてもいい時はある‼️


TPOだけは間違えるなよ


間違えるかーい❢❢(笑)


posted by まめこ at 14:38 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月31日

【気分をよくすれば、貯金。気分を害すれば、借金】


貯金型タイプの人と
借金型タイプの人の違い。

簡単にいうと、貯金型は、
相手の期待値を超える人です。

借金型は、相手の要望値を
下まわる人です。





例えば、レストランへ行き、
千円を支払って千五百円分の
満足が得られたら、
そのお店は貯金型の商法です。




貯金をすれば、また来ようと
リピーターになってくれます。

リピーターがよい噂を流して、
ますます繁盛しますよね。




飲食店などでよくいわれている
「料理の味より人間の味」。

スタッフの人間力がものをいいます。




千円を支払って、五百円分の
満足しか得られなければ、
そのお店は借金型です。

借金をしてしまうと、
もう次はありません。

その上、悪い噂を流されてしまいます。




もし様々な面で借金を
し続けてしまうと、
親友だった人が友人になり、
友人だったのが知人になり、
知人だった人はただの人になり、
いつの間にか敵になってしまう
こともあります。




これは人、会社、
お店の見極め方だけではなく、
自分の生き方にも当てはまります。





人間は、放っておいたら
借金型(奪う・テイク)に
なってしまうそうです。

本来、動物は常に生命の危機に
さらされていて、
自己防衛本能が大変強いものです。


したがって、自分を守るために、
相手を攻めます。

さらに、危険や冒険を避ける
傾向にあります。




なので、人間が本能のみで
生きたなら、動物性が強くなり、
自己中心的になり、
人間関係がスムーズにいかないと
いうのが「普通」のことだといいます。




ではどうしたらよいのか?

そこで、「人間性」を意識する
必要があるのです。




人間性とは後天的なもので、
本能の「動物性」を
コントロールする力であったり、
常に向上心を持ったり、
理性、知性、言語、協調性、
愛情など学んでいく事によって高まります。




この「人間性」は、
元々備わっているものではありません。




かつて、インドで狼に
育てられた少女が発見され、
その少女は人間性が
ほとんどゼロだったという
報告もあります。




つまり、「人間性」とは
人とかかわることで生まれ、
育まれていくもので、
意識して努力して
身に付いていくのです。




そしてその人間性こそが
「与える・ギブ」といった
「貯金型」の人の特徴だったのです!




人としての繁盛も、お店の繁盛も、
会社の繁盛も、
この人間性の特徴である
「与える」思考が本当に
大切だと私は思います

posted by まめこ at 18:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月30日

【目標を忘れないようにするには】


あなたも元旦に
今年の目標をたてたと思うのですが

どんなに硬い決意をしたとしても


毎日忙しい中で
「今日はいいかな?」
「今日はしょうがない」
「 今日もいいや!」


という風にだんだん
決意が揺らいでしまう方が
ほとんどだと思います。



そしてそのうちたてた目標まで
忘れてしまうということに
なりかねません。



2週間ほどで
100人中90人の人が
忘れてしまうそうです。

なぜ忘れていってしまうのかというと
理由があります。

それは
『そもそもの動機が弱い』
からなんです。

ダイエットもそうですが、

例えば数か月後に
結婚式が控えてる場合には
がんばれると思うんです。

なので
『なぜそれをやるのか』
を強くもつようにしてください。

ビジネスの場合でも同じです。

『なぜそれをやるのか』
もう一度よく考えてみて下さい。

それぞれ目標も大きさも違うとは
思うのですが

それに見合った「なぜ」を
持つようにしてください。

ですが中にはその「なぜ」が
強く持てない方もいますよね。


そんな方には
ひとつ効果的な方法があります。


それは
「追い込む」
という方法です。


例えば、
主婦だからとかまだ仕事をしているから
当面の生活費に困ってるわけではない・・・
とか言う方ですね。


そういう方は
旦那さんと離婚したときのことを考えるとか
仕事を辞めた時のことを
リアルに想像してみて下さい。

人間嫌なことは避けたい傾向が
あるのでこれは効果があります。
自らを追い込むということですね。


実は一番効果があるのは
借金を作ることです(笑)

これでやらざるを得なくなりますよね!

なので、
定期的にこういったことを
考える癖をつけて、
追い込む時期をもつといいと思います。

何が言いたいかというと
あなたが折角立てた目標なので
是非忘れずに達成して欲しいのです。

多くの人が出来ない大変な
ことだからこそ
やり遂げるよう
一緒にがんばりましょう



posted by まめこ at 18:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする